スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様からのプレゼント

吉井さんから、ある感動的な話を聞いたので紹介したいと思います。

吉井さんが幼少の頃、重い病気にかかった友達がいたそうです。

骨がまっすぐに成長しない病気で、体の中に金属が何本も入っていたそうです。

現代の医療では治療法がないと言われていたらしく、吉井さんの友達はお母さんを不幸にしてしまった。

と、とても悔やんでいたそうです。

毎日、誰かの前では笑顔を見せ続け、

”痛いの?”

と聞かれても

”痛くないよ”

と答える。。。


でも一人の時は痛みにもだえる。。。


”夜はちゃんと眠れるの?”

と聞かれると

”よく寝れるよ”

と答える。。。

でも夜になるとずっとうめき声が聞こえる。。。



あるとき、この吉井さんの友達がお母さんに書いた物語が、学校で紹介されました。

その物語は、その子が生まれる前のお話です。



神様が、これから生まれる子供たちにひとつづつ、プレゼントを配っています。

それには、”お金持ち”とか”幸せな家庭”とか”健康な体”などと書かれています。

子供たちは、自分の好きなものを神様からもらっているのです。


その子は、ふと神様の足元をみてしまいました。

そこには、神様が必死に隠そうとしているプレゼントがあります。


その子は神様にたずねました。

”それ、なぁに?”

すると、

”これはね、とっても強い子にしかあげられないものだよ。

これを受け取った子はね、とっても苦しい思いをしてしまうんだ、、、、。

でも、誰かが受け取らなければいけない。

本当に強い子にしかあげられないんだ、、、、。”



そのプレゼントには”重い病気”と書かれていたのです。


それを聞いたその子は、神様に必死にお願いしました。


”お願い。それ僕にちょうだい。


他の子が苦しむなんていや。


僕、強い子だから。


絶対負けないから。。。。”




そうやってその子は生まれてきた、、、、。

重い病気をかかえながら。


というお話。


その子は悲しい顔をするお母さんにいつも言っています。


”僕、強い子だから病気になったんだよ。

だからお母さんが悲しまなくていいんだよ。”




その子がこの神様の話を作ったとき、

お母さんは泣きながらも、すごく元気になったそうです。。。





障害を受ける子は、強い子なんです。



科学的にも、人間のもっているDNAは、


ひとつとして同じものがありません。


それは、天候の変動や、伝染病がはやったときに、

すべて同じものだと絶滅してしまうから。

だから、微妙にすべて違うそうです。



そうすると、必ず何万人に一人は、

重い障害や病気のDNAを持つことになってしまうとか。


いろいろな人間を、強い人間をつくるために、

誰かが犠牲を背負わなければならない。



吉井さんの友達が書いた物語は、まさしくそういった話だと思いました。


現在その子は重い病気を乗り越え、東京で皮細工を作っています。

IMG_0823.jpg



元気なその人の姿をみると思います。

僕たちは、神様からどんなプレゼントをもらってきたのだろう?






たぶんそれは、、、


僕たちが神様にお願いしまくって、もらってきたものです。


梅津









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aktallall

Author:aktallall
芥は人をもって船と成す
2009年5月20日にオープンした居酒屋
元気な声と笑顔があなたを元気にします

酒楽食 芥
鹿児島市東千石町 6-8
第2照国ビル1F
営業時間 18時~6時
(火曜のみ深夜0時迄)
宴会コースの方もご用意しております
TEL・FAX 
099-226-8628

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。