スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加世堂洋平の戦闘記

加世堂さんとの出会いはまだ

特攻チキン野郎が出来る前。

サッポロさんが繁盛店巡りで芥に連れてきて下さったのが初めでした。

それからご縁があり仲良くさせてもらっています。

特攻チキン野郎 加世堂 を

繁華街から少し離れた高見馬場バス停の地下に

オープンしてすぐの頃は

加世堂さんは一人で営業していました。

一人で仕込みをして、一人で営業して、一人で片付けをして、

一人で芥に飲みに来ていました。

宣伝や広告はしない、目立った看板も置かない

芥もそうだったように

オープンしてすぐの頃は集客に苦労されていました。

いつものように一人で芥に来たある日、

さびしそうにハイボールを飲みながらこんな話を

してくれたのをよく覚えています。

「かず、今日お客さん全然来なかったよ。。。

 魚をさぁ、その日仕入れたものしか使わないって

 最初で決めちゃってさぁ。。。

 余った魚を一人で食べるんだけど、一人だと

 全然食べきれなくてさぁ。。。

 ゴミ箱に魚を入れた時、

 たまらない気持ちになったよ。。。」

僕は特攻チキン野郎に何度も足を運び、いいお店だと知っていて

流行する確信があったので何度もそれを加世堂さんに伝えていました。

そんなある日、加世堂さんは目を輝かしながら

「かず、東京で中華をやってた神ってヤツが来るんだよ。

 あー、早く会わしたいな、わくわくするなー」

新しく入るスタッフ、店で出来た仲間一人一人にいつもわくわくして

芥に何度も連れてきて下さいました。

毎回仲間は増えていき、今ではほんとにたくさんの仲間に囲まれています。

そんな加世堂さんが3/21日に3店舗目となる

ハイパーチキン野郎をオープンしました。

お店はお客さんでいっぱい。

たくさんの仲間に囲まれながら

「ようへいさん、楽しそうですね。」

と言うと、全力で

「かず、楽しいに決まってるでしょ!!最高だよ」

と答えてくれました。

本当におめでとうございます。

2cede792923b11e2a9de22000a1f92c9_7_convert_20130323022005.jpg

帰り際、お決まりの台詞が久しぶりに聞けて

とてもうれしかったです。











スポンサーサイト
プロフィール

aktallall

Author:aktallall
芥は人をもって船と成す
2009年5月20日にオープンした居酒屋
元気な声と笑顔があなたを元気にします

酒楽食 芥
鹿児島市東千石町 6-8
第2照国ビル1F
営業時間 18時~6時
(火曜のみ深夜0時迄)
宴会コースの方もご用意しております
TEL・FAX 
099-226-8628

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。